スポンサーリンク

韓国のフルーツ焼酎(ソジュ)って?味・種類など女子に大人気の理由を紹介します!

SNS

アニョハセヨ〜

韓国ドラマといえば、
緑のビンに入った焼酎(ソジュ)を
飲むシーンが定番ですよね。

焼酎を飲む場面がないドラマを
みたことないほどです(笑)

しかし、実際に焼酎を飲んでみると、

に、苦い〜〜〜〜〜
きっつい〜〜〜〜〜〜〜

と思った方も少なからずいるでしょう。
私もその一人ですㅜㅜ

メーカによって異なりますが、
度数は15〜20度です。

しかし
焼酎を飲みたいのに苦手な方に必見!

びっくりするぐらい飲みやすい!
焼酎があるんです!

その名も

フルーツ焼酎(ソジュ)です!

早速みていきましょう〜!

フルーツ焼酎(ソジュ)って??

Naver blogから引用

普通の焼酎よりもアルコール度数が低く、
フルーツのフレーバーによって、
焼酎独特の苦みがおさえらた焼酎です。

その飲みやすさから、焼酎離れが進んでいた
韓国女性たちの心を一気に鷲掴みにし、
根強い人気があります。

どんなフルーツ焼酎があるの?

フルーツ焼酎も普通の焼酎と同じように
様々なメーカーから発売されています。

今回は特に人気が高いメーカーかつ
コンビニやスーパなどで手に入りやすい
ものを紹介します。

①スナリ

フルーツ焼酎の元祖といえばスナリ
主に発売されている味として、
ゆず・もも・りんご・マスカットがあります。

アルコール度数は14度です。

②ジョウンデー 

種類の多さが魅力的なジョウンデー 
主に発売されている味として、
ザクロ・グレープフルーツ・もも・
レモン・ブルーベリーがあります。

アルコール度数は13.5度です。

③ザ・チャジュルスロッ

珍しい種類が多いのはザ・チャジュルスロッ
定番のりんご・もも・マスカットはもちろん、
ショウガ・マンダリンオレンジ・コーヒー味まであります。

コーヒー味すごく気になりますね!

アルコール度数は種類によって異なりますが、
14〜16度と他と比べて少し高めです。

④チャミスル

超定番!チャミスル!
日本のスーパーでも見かけるほど人気です。

種類は、
マスカット・ブレープフルーツ・すもも・ストロベリー

アルコール度数は13度です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フルーツ焼酎は普通の焼酎とは異なり、
苦味もなくあまいフルーツ味で、
とても飲みやすです。

種類もたくさんあるので、
様々な味にチャレンジしてみるのも良し!

フルーツ焼酎はいくら飲みやすいとはいえ、
度数は10度を超えているので、
くれぐれも飲み過ぎには注意です(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました